Fragrance that expands everyday dreams. Flavor that breathes life into a world of taste. SODA AROMATIC opens up the possibilities of flavor & fragrance.


Sumitomofudousan Ningyoucho Bldg. No.2-2-1,
Nihonbashi Horidomecho Chuo-ku, Tokyo 103-8366 Japan

Contact us by Telephone

TEL: +81-3-5645-7347 
Japan time :9:00 to 17:30GMT+9:00
(Except  Saturday, Sunday, and public holidays)

Acquisition of Halal certificate for our products
of Noda factory and Koriyama factory

野田・郡山の国内2工場でハラール製品の認証を取得

ハラール認証証明書

 SODA AROMATIC acquired Halal certificate for products of 2 factories in Japan, Noda factory and Koriyama factory. This follows the acquisition of Halal certificate in the factory in China(Kunshan city, Jiangsu)and aim to supply the products to the expanding market in Southeast Asia.Let us explain the actual situation of Halal market, which changes at a high speed.

 曽田香料は、野田・郡山の国内2工場でハラール製品の認証を取得しました。中国での現地生産拠点(江蘇省昆山市)に続く取得は、国内外で拡張を続けるハラールマーケットに対応した取り組みです。急ピッチで変化するハラール市場の現状を紹介しましょう。

Realizing the significance of Halal いま改めてハラールの意味を知る

Japanese TV shows, magazines or web media show people more about Halal these days. Thanks to that situation, many people have an “image” of it. However, there are less people who understand the correct definition of Halal and its meaning. We would like to help you realize the definition and the significance of Halal certificate here. 

The word “Halal” of Halal certificate means “allowed” or “legal” in Arabic. It certifies that the materials or the processes for the products are acceptable in the Islamic doctrines. Those acceptable foods, cosmetics or pharmaceuticals may be Halal certified. Therefore, Halal certificate means that Muslims can use the products without worrying if the products conform to their doctrines. 

Halal certificate covers not only the products on the market but also the materials for those products. It is important to make sure that all the stream of production of materials, processing, distribution, sales and the cooking process conform to Islam.

 日本では、TVや雑誌、Webメディアを通して「ハラール」という言葉を目にする機会が増えています。しかし、漠然としたイメージは持っていても、その正しい定義や意味まで把握しているという方は多くないようです。ここで改めてハラール認証の定義や意味を確認することにしましょう。 

 ハラール認証の「ハラール」とは、アラビア語で「許されている、合法的」のこと。イスラームの教義に合致した原料や生産工程を証明する認証であり、食品、化粧品、医薬品などに対して与えられます。ムスリムが信仰上安心して利用できる製品であるという証明が「ハラール認証」です。 

 市販されている製品だけでなく、それを作るための原材料もハラール認証の対象となっています。生産から加工、流通、販売方法、さらに調理にいたるまでの一連の流れをイスラームの教えに沿って実践することが求められています。

Scale of Halal market ハラールの市場規模

Now, how big is the market with Halal?

 It is assumed that world food market with Halal was 1292 billion dollars in 2013. Asia occupies the 60% of the total amount (1). The figure shows how big the Halal market in Asia is.

 A quarter of the world population is Muslim, and its population is growing every year. The estimated Muslim population was about 1.6 billion in 2010, and there is a statistics that the population will reach 2.2 billion in 2030(2).

 These days, more Muslims visit Japan. Visitors from Malaysia and Indonesia, which have a big number of Muslim population, increased in a short moment, with a change of policy that Japan doesn’t require visas for them. Malaysian tourists in 2015 was about 0.3 million, that means an increase of 22.4% over 2014. Indonesian tourists in 2015 was about 0.2 million, that means an increase of 29.2% over 2014(3). This trend is expected to continue.

 Accompanying these situations, more and more companies started to acquire Halal certificate. Only a few companies acquired Halal certificate in a year until 2012. However, 13 companies in 2013 and 32 companies in 2013 newly acquired the certificate (4).

 Meeting the demand of expanding Halal market all over the world is one of the biggest matters for the companies in japan.

(1) Thomson Reuters, State of the Global Islamic Economy 2014-2015

(2) Pew Research Center, The Future of the Global Muslim Population (2011)

(3) Japan National Tourism Organization, Statistics of the number of inbound tourists

(4) Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Investigation about the Halal food in 2014

 

 では、ハラールの市場はどれほどの規模なのでしょうか。

 2013年の世界のハラール市場は食品だけで12920ドルと推定されています。地域別では、アジアの占める割合が高く、その比率は約60%(注1)。アジアにいかに巨大なハラールマーケットが広がっているかを浮き彫りにする数字です。

 ムスリムは、世界の人口の約4分の1を占めるとされ、その数は年々増加しています。2010年時点のムスリム人口は推定で約16億人でしたが、2030年には22億人に達するという統計も出ています(注2)

 また、近年、日本を訪れるムスリムの数も増えています。ムスリムの多いマレーシア、インドネシアからの訪日旅行者数は、ビザが免除されたこともあって、一気に増加しました。2015年のマレーシアからの旅行者数は前年比22.4%の約30万人、インドネシアは29.2%増の約20万人を記録しています(注3)。この傾向は今後も続くことが予想されます。

 こうした状況に対応するように、ハラール認証取得に動く企業が急速に増えてきました。国内のハラール認証機関の認証を取得した日本の食品業者(製造業)は2012年までは、年間に数社でしたが、2013年には18社、2014年には32社が新たに取得ています(注4)。

 国内外で膨張を続けるハラール市場にいかに対応するかは、日本企業にとって大きな課題の一つです。

1) 出展 Thomson Reuters, State of the Global Islamic Economy 2014-2015

2出展 Pew Research Center,The Future of the Global Muslim Population (2011)

3) 出展 日本政府観光局(JNTO), 2015訪日外客数

4) 出展 農林水産省食料産業局, 平成26年度ハラール食品に係る実態調査

Difficulty of acquiring world common standard
世界的統一基準の難しさ

Even though Halal bases on Sharia (Islamic religious law), there is a difficulty of not be able to acquire Halal certificate of world common standard. This is because the interpretation of Sharia varies among the sects, schools or even scholars by the difference of the opinions of each. Therefore, there is an Indonesian Halal certificating organizations in Indonesia, Malaysian one in Malaysia, or so in Turkey. It is said that there are more than 200 organizations for Halal certificating all over the world.

 Among several Halal certificating organizations in Japan, one is called Japan Muslim Association (JMA). It is a well-accepted organization even in Islamic society because Islam scholars who studied in Islamic society examine the products basing on Sharia.

 Among the large number of choice, Japanese companies acquire Halal by directly applying to the certificating organizations overseas or by applying to the Japanese certificating organizations that are authorized by reliable certificating organizations overseas. 

ハラールは、シャリーア(イスラーム法)に基づいて判断されますが、現実問題としてハラール認証には世界的な統一基準が取れないという難しさがあります。なぜなら、シャリーアの解釈は基本的根拠が同じであっても、宗派や学派、さらにイスラーム学者による判断によって見解の相違が起こってくるからです。そのため、インドネシアにはインドネシアの、マレーシアにはマレーシアの、あるいはトルコにはトルコの認証機関が存在することになります。現在、ハラール認証機関は世界に200以上存在するとも言われています。

 日本にもいくつかのハラール認証機関が存在しますが、その中の一つに宗教法人・日本ムスリム協会(JMA)があります。JMAはイスラーム世界で学んできたイスラーム研究者がシャリーアを基本として判断を行っており、イスラーム世界からも認められたハラール認証機関となっています。

 日本の企業は、こうした多岐にわたる選択肢の中から、海外の認証機関に直接申請を行う方法、もしくは特定の海外のハラール認証機関に承認された日本の認証機関に申請を行う方法でハラール認証を取得しています。

Efforts of Soda Aromatic 曽田香料の取り組み

Soda Aromatic acquired Halal certificate for the products of Noda factory and Koriyama factory in Japan, following the acquisition in the factory in China.

 Noda factory acquired the Halal certificate of MUI (Majelis Ulama Indonesia) for 2 lactones (GAMMA DECALACTONE, GAMMA DODECALACTONE) and about 30 other aroma chemicals.

 Koriyama factory newly installed a manufacturing building and facilities only for Halal production (Equipment investment cost: JPY 35 million), and acquired the Halal certificate from JMA (Japan Muslim Association) for a flavor compound for foods. We are going to use well the Halal dedicated facilities and increase the number of Halal certificated products.

 The factory in China has already started the production and the sales of the certificated products for Thailand since September in 2015. Soda Aromatic Group is going to increase the number of certificated products in order to meet the demand of the customers all over the world. Please watch the challenge of Soda Aromatic, which pursues the safety and the security.

 曽田香料では、中国の生産拠点での認証取得に続き、国内の野田工場と郡山工場でもハラール製品の認証を取得しました。  

 野田工場ではMUI(インドネシア・イスラーム学者評議会)よりラクトン2製品(GAMMA DECALACTONEGAMMA DODECALACTONEを始めとして、合成香料約30品種の認証を取得しました

 郡山工場ではハラール専用製造棟・設備(設備投資額3,500万円)を新設し、食品向け調合香料1製品に対する認証をJMA(宗教法人日本ムスリム協会)より取得しました。ハラール専用設備を活用し、順次、認証品種を増やしてゆく計画となっています。

 中国の現地生産拠点ではタイ向けを中心に、20159月より認証製品の生産と販売がスタートしています。今後も国内外の顧客ニーズに応えるべく、グループ全体で認証品種の充実に取組んでいきます。安心・安全を追求する曽田香料のチャレンジにご期待ください。

 Scent of the plant

Daphne odora
(沈丁花) 

Daphne odora is originally from south China. Brought to Japan in the Muromachi era, the powerful sweet fragrance of its late winter-blooming white flowers was a harbinger of spring. Its red berries are poisonous, but infusions of its flowers have been used as folk remedies for toothaches and mouth ulcers.

原産は中国南部。室町時代に渡来し、早春にホワイトフローラルな甘く強い香りで春を告げる。赤い果実は有毒であるが、花の煎じ汁を歯痛・口内炎などの民間薬として使われたと言われている。

Contact us

   We accept 24 hours
   by E-mail and FAX. 

   FAX: +81-3-3664-5204